Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://toyamashikaiseinen.blog86.fc2.com/tb.php/200-c1b9db36

トラックバック

コメント

[C301]

伊田さん、ブログ投稿お疲れ様です。
若手瓦職人さんの熱意がひしひしと伝わってきた非常に充実した研修会だったと思います。
自分の今後の仕事にも大きなヒントを得る事ができました。
何度も打合せを重ねられ、準備も大変だったと思います。
山崎委員長はじめ立上げから携わった方々、本当にお疲れ様でした。
  • 2012-07-26 18:10
  • とがし吉
  • URL
  • 編集

[C300] お疲れ様でした!!!

伊田さんへ
初ブログ投稿お疲れ様でした。初めてだと投稿の方法を習得するのも大変だったと思います。それにもかかわらず充実した内容をしっかり投稿いただきありがとうございました。
 この研修会のおかげで瓦がとても身近なものとなりました。身近なものと感じることが必ず実務にも活かせると思うので是非これからもいろんな研修をしてスキルアップにつなげたいと思います。
 山崎さん・伊田さん瓦組合さんとの打ち合わせから会場の段取り等お疲れ様でした!!!
  • 2012-07-26 01:53
  • 室谷
  • URL
  • 編集

[C299]

やっと瓦工事業協同組合様とのコラボレーションが実現できました。コアスタッフのみなさんありがとうございました。
参加してわかったことは、「なんとなく瓦」を使っているのではなくて、日本、とりわけ多湿な北陸の気候風土に適している屋根の形式が瓦葺きなんですね。最近は全国的に大雨・酷暑も増えていますから普及していくといいですね。
おかげさまで、瓦職人の皆様と座学、実習を行って、技術向上と人脈づくりを行うという所期の目標も達成できたと思います。青年部会以外の建築士会員や、会員外の建築士の方々にも参加いただけて、なお良かったです。
  • 2012-07-25 22:47
  • 野村
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

職人に聞く!よくわかる瓦屋根講座

瓦工事業協同組合さまと建築士会青年部会の共同主催により
瓦について共同研修会を開催しました。

  『職人に聞く!よくわかる瓦屋根講座』

三州瓦の耐水性能について
      防音性能について
      耐火性能について
      断熱性能について
      耐久性能について
      耐寒性能について
      耐震性能について スライドを使ってわかりやすく説明がありました。瓦の良さを再認識!

Q&Aとして瓦組合さんが答えてくれました。
    Q.瓦を留めるのに釘と銅線があるが用途が違うんですか?
    A.銅線と釘(SUS)では釘打ちのほうが早くコストも銅線より少なく済みます。
      決して銅線がいいわけではなく、SUS製釘の登場で時代の流れがおおきい。

    Q.種類、強度は違うの?
    A.和型、洋瓦と多様な種類があり、強度の違いはありますが曲げ破壊強度はJIS規格を
      満たしています。今の技術ではちょっと平板が強度が低いみたい・・。

    Q.雨漏りの原因は瓦だから?割れてるから?
    A.瓦の割れによって雨漏りが発生しますが、雨樋、アルミサッシなど瓦以外の理由も多いです。
      瓦自体は長持ちするため(30年~100年以上)、下地等の経年劣化が原因になることも。
     
     ・・・たくさんの初歩的な質問にも答えて頂きました。


1.jpg
49版(右の黒い瓦)と53版(左の銀色の瓦)の違い、下地の説明を浜田さんが熱弁!


瓦葺き体験 ①ノシ瓦の下処理をしよう
2.jpg
士会メンバーもノシ瓦の銅線留めに挑戦!
『こう引っ張ってクルッと輪を作って引っ張ると切れます』
・・・・何度やっても・・意地になって頑張る小澤さん!
3.jpg
このようにしてから屋根に上げ、ノシを葺きます。
さすが!プロの仕上がりはきれいだ。




瓦葺き体験 ②53版瓦を釘打ちしよう
4.jpg
『瓦桟に瓦を引っ掛けて・・』
『ここの墨に合わせて・・』  さぁ打って下さい!
5.jpg
この下地と瓦の間の通気層によって防音・断熱・耐久性能を維持できる。




瓦葺き体験 ③49版瓦の銅線留めに挑戦
6.jpg
『桟の下から銅線を出して』
『同じ力でクルッと2回程まわして』
『輪を作って引っ張る』

・・・・いや~むずかしいですね~


質疑応答
 7.jpg
普段疑問に思っていることをやり取りし、専門家としての意見を交わしました。

『はいっ、私がお答えいたしましょう』・・・・・。。。





と、いうことで。
こうなりました。
『すべての出会いは良き出会い』 かんぱ~い!
8.jpg
また、意見交換・親睦を深めました。



前部会長の小山さんと瓦組合の稲村さんの2年越しの企画であり

温めていた思い 

そして・・・

ひとりの力は微力かもしれないけど 集まり繋がれば大きな力となること を感じました。


伊田

     
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://toyamashikaiseinen.blog86.fc2.com/tb.php/200-c1b9db36

トラックバック

コメント

[C301]

伊田さん、ブログ投稿お疲れ様です。
若手瓦職人さんの熱意がひしひしと伝わってきた非常に充実した研修会だったと思います。
自分の今後の仕事にも大きなヒントを得る事ができました。
何度も打合せを重ねられ、準備も大変だったと思います。
山崎委員長はじめ立上げから携わった方々、本当にお疲れ様でした。
  • 2012-07-26 18:10
  • とがし吉
  • URL
  • 編集

[C300] お疲れ様でした!!!

伊田さんへ
初ブログ投稿お疲れ様でした。初めてだと投稿の方法を習得するのも大変だったと思います。それにもかかわらず充実した内容をしっかり投稿いただきありがとうございました。
 この研修会のおかげで瓦がとても身近なものとなりました。身近なものと感じることが必ず実務にも活かせると思うので是非これからもいろんな研修をしてスキルアップにつなげたいと思います。
 山崎さん・伊田さん瓦組合さんとの打ち合わせから会場の段取り等お疲れ様でした!!!
  • 2012-07-26 01:53
  • 室谷
  • URL
  • 編集

[C299]

やっと瓦工事業協同組合様とのコラボレーションが実現できました。コアスタッフのみなさんありがとうございました。
参加してわかったことは、「なんとなく瓦」を使っているのではなくて、日本、とりわけ多湿な北陸の気候風土に適している屋根の形式が瓦葺きなんですね。最近は全国的に大雨・酷暑も増えていますから普及していくといいですね。
おかげさまで、瓦職人の皆様と座学、実習を行って、技術向上と人脈づくりを行うという所期の目標も達成できたと思います。青年部会以外の建築士会員や、会員外の建築士の方々にも参加いただけて、なお良かったです。
  • 2012-07-25 22:47
  • 野村
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Flashカレンダー

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。