Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://toyamashikaiseinen.blog86.fc2.com/tb.php/222-9b464f41

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

新建築志歓迎会

3月8日(土)に新建築志歓迎会を行いました。
建築士ではなく、建築『志』としているのは、建築士会正会員だけでなく、準会員、賛助会員社員、学生など、建築を志す全ての方とのつながりを大切にしたいとの想いがこもっています。
歓迎会は3部構成で行いました。

まずは開会のあいさつを青年OBの林理事より頂きました。
DSC_6223_Re.jpg
簡単なあいさつのつもりでお願いしたのですが、『建築士』について法令も含めてパワーポイントによる説明をして頂きました。
さすが林さん!過去にTVCMに出た事もある業界人ですね!
有難う御座いました!!

第1部は『押さえておかなければならない確認申請業務あれこれ』と題し、富山住宅センターさんより講師を招いての講演を行いました。
DSC_6238_Re.jpg
限られた時間の中ではありましたが、確認申請を出すた為に必要な説明を分かりやすくして頂きました。
カーポートに関する裏話なども聞かせて頂き、新建築士だけでなく、普段から申請業務を行っている私たちにとっても非常に参考になりました!

第2部は『資格取得~そしてそれから・・・経験者は語る!夢と不安』と題して、現役青年メンバーによる体験談を語って頂いた後、グループ毎に普段の疑問や不安の経験談義を行いました。
DSC_6255_Re.jpg
まずは現役青年メンバーを代表して私、長島が建築士会に入会してからの経験談を語らせて頂きました。
最初は特に何も考えずに入会し、大した目的もなく参加しだした事。
ワードやエクセルなど、パソコンの使い方から学ばせて頂いた事。
自分で家づくりの仕事を始める時に、先輩や仲間の影響が非常に大きく、先の不安に対して一歩踏み出す勇気を得れた事。
などをお伝えさせて頂きました。
でも、林さんの表情が。。。(汗
先輩!感謝してますよ!!

DSC_6265_Re.jpg
グループでの経験談義の様子。
カミカミ王子こと、建築士会同期の岡崎さんが何やら熱く語っておられますねw

第3部は、ささやかながら合格者の皆さんへのプチ祝賀会をさせて頂きました。
DSC_6277_Re.jpg
林さんや新建築志の方々と26年度青年委員長の小澤さんが熱心な話をしています。
26年度は委員会の中で座談会の時間を設けて、普段の仕事の疑問やメンバーの考えなどを語り合う時間を大切にしていきたいとの事です。
なんだか会議が良い時間になりそう!!

DSC_6281_Re.jpg
ここでも小澤委員長(予)が熱心に語り合っておられますw
ホント、熱い漢〈オトコ〉ですw

DSC_6282_Re.jpg
こっちでは新建築志同士の語りを林理事が耳を傾けています。
若い意見も非常に参考になりますよね!
もちろん、林さんもまだまだ若いですけどねw(笑

DSC_6283_Re.jpg
こっちではただ暑い長島が暑苦しい話をしているんでしょうか。。。
無礼が無ければ良かったんですが(滝汗

中締めのあいさつ。
DSC_6285_Re.jpg
メンバー最年長の室谷さんによる中締め。
さすが室谷さん。アルコールが入らなければ真面目で素晴らしい!!
2次会に参加された新建築志の方々は本当の室谷さんを体験して頂けたと思いますw
次会った時の体験談義が楽しみでなりませんね♪♪


~新建築志歓迎会を終えて~
久々に新たな人達と腹を割って語り合う時間を過ごせたな~、という印象です。
今回参加された皆さんから、入会申し込みしました!これから申し込みします!という意見を全員から頂き、本当に開催して良かったと思いました。
来年富山で行われる東海北陸ブロック大会に向けてメンバーの増強につながると実感しました。
来年以降も『建築志』が集う切っ掛けとなる事業を継続していかなければなりませんね。
みんなで頑張っていきましょう!!!


長島 修
中根 慶治郎(撮影)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://toyamashikaiseinen.blog86.fc2.com/tb.php/222-9b464f41

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Flashカレンダー

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。